大阪府

喫煙で健康医療部職員を処分 職場離れ民間ビルで

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 喫煙のため勤務時間中に繰り返し職場を離れたとして、大阪府が健康医療部の男性職員(49)を職務専念義務違反で訓告処分にしていたことが分かった。処分は4月16日付。職員は依願退職した。

 府は庁舎敷地内を全面禁煙にしている。この職員は勤務時間中に職場がある庁舎本館を勝手に抜けだし、約150メートル離れた…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

あわせて読みたい

注目の特集