メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

阪神ファン黙らせる2発 オリックス

 ○オリックス3-2阪神●(5日・甲子園)

     甲子園の夜空に描いた2本の放物線。オリックスの二人の主砲が一振りで大入りの阪神ファンを黙らせた。

     リードを許した直後だった。五回2死。1、2年目とも持病の腰痛に悩まされ、交流戦に出場できなかった3番・吉田正。阪神・メッセンジャーとの初対戦で、追い込まれる前に勝負をかけた。1球目のフォークを見逃すと、続けて同じ球がきた。高めに浮いたボールに体が泳ぎながらも右手一本で振り切った。打球は強まる雨の中、右翼スタンドへ一直線。力でねじ込んだ。

     この同点アーチに刺激されたのが、前の試合で1軍復帰したばかりの4番・マレーロ。「自分が打てる球だけ集中して選んだ」と外角低めのフォークを強振すると、打球は低い弾道のまま左翼席に飛び込んだ。節目の今季10号を2試合連続本塁打で決め、「強くたたけたのですぐに入ると思った」と満足げ。ここまでの登板10試合で2本塁打しか許していなかったメッセンジャーをあっけなく攻略した。

     前カードの巨人戦から3試合連続で1点差の試合をものにしたオリックス。負けられない関西対決の初戦も、意地の一振りで制した。【長田舞子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
    2. サッカー日本代表 乾、香川、柴崎らが先発 本田は外れる
    3. 地震 大阪・震度6弱 行ってきます直後 塀倒れ女児巻き添え
    4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
    5. 加計学園 会見に愛媛知事「もっと早くできなかったのか」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]