メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

非営利法人「善意」の陰で

脱法売買の詳細を初めて裏付け 犯罪グループ悪用も

毎日新聞が入手した仲介業者の内部資料。「会社名」と「本店所在地」の「旧」の欄には、売買前のNPO法人名と事務所の住所が、「新」の項目には、売買後の情報が記載されている(画像の一部を加工しています)

 市民の善意で運営し、営利を目的としないはずの「特定非営利活動法人(NPO法人)」が売買されているのではないか--。取材班は昨年から取材を積み重ね、当事者たちから証言を得た。「売り出し」情報がつかめたのは11法人。うち6法人は実際に売却が完了していた。

 NPO法人を支えるのは設立時の理念のはず。「震災復興支援」「環境問題の解決」「障害者支援」「子どもの健全育成」……。11法人の登記情報を取り寄せると、法人の「目的等」欄に、その理念を示す言葉が並ぶ。

 ところが当事者を取材すると、大半が休眠状態で、活動実態は乏しかった。「設立以来まったく活動していな…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  2. 日比谷線・中目黒駅で人身事故 2万人に影響
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 初の錠剤は服用1回タイプ インフル新薬に高い注目
  5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです