メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPO法人

脱法売買の詳細を初めて裏付け 犯罪グループ悪用も

毎日新聞が入手した仲介業者の内部資料。「会社名」と「本店所在地」の「旧」の欄には、売買前のNPO法人名と事務所の住所が、「新」の項目には、売買後の情報が記載されている(画像の一部を加工しています)

 市民の善意で運営し、営利を目的としないはずの「特定非営利活動法人(NPO法人)」が売買されているのではないか--。取材班は昨年から取材を積み重ね、当事者たちから証言を得た。「売り出し」情報がつかめたのは11法人。うち6法人は実際に売却が完了していた。

 NPO法人を支えるのは設立時の理念のはず。「震災復興支援」「環境問題の解決」「障害者支援」「子どもの健全育成」……。11法人の登記情報を取り寄せると、法人の「目的等」欄に、その理念を示す言葉が並ぶ。

 ところが当事者を取材すると、大半が休眠状態で、活動実態は乏しかった。「設立以来まったく活動していな…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文643文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. 地震 大阪・震度6弱 日常生活影響続く 休校、ガス・水道停止
  3. 難病患者 医療費助成停止、十数万人か
  4. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  5. 教えて!W杯 賞金はあるの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]