メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

非営利法人「善意」の陰で

脱法売買の詳細を初めて裏付け 犯罪グループ悪用も

毎日新聞が入手した仲介業者の内部資料。「会社名」と「本店所在地」の「旧」の欄には、売買前のNPO法人名と事務所の住所が、「新」の項目には、売買後の情報が記載されている(画像の一部を加工しています)

 市民の善意で運営し、営利を目的としないはずの「特定非営利活動法人(NPO法人)」が売買されているのではないか--。取材班は昨年から取材を積み重ね、当事者たちから証言を得た。「売り出し」情報がつかめたのは11法人。うち6法人は実際に売却が完了していた。

 NPO法人を支えるのは設立時の理念のはず。「震災復興支援」「環境問題の解決」「障害者支援」「子どもの健全育成」……。11法人の登記情報を取り寄せると、法人の「目的等」欄に、その理念を示す言葉が並ぶ。

 ところが当事者を取材すると、大半が休眠状態で、活動実態は乏しかった。「設立以来まったく活動していな…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです