メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史・文化の特性を生かしたまち

 桜満開の今年3月31日、公益社団法人行田青年会議所の招きで埼玉県行田市を訪れた。同会議所の基本テーマは「求められる若者の力」で、私は「地域創生 地域を変える力とは何か?」をテーマに講演した。地域創生とは、わがまちだけの発展ではなく、どのように地域連携を図り協働発展するかである。その力は若者だけでなく、女性、年配者が要である。相互理解とお互いに目配り・気配り・心配りが必要となる。

 秩父鉄道行田市駅で降りると、周辺には「ゼリーフライ」の看板が目立っていた。ゼリーフライとは、じゃがいも・おからをベースに小判型にしたものを油で揚げ、ソースで味付けたもの。1個100円くらいだ。同じく「フライ」という食べ物がある。戦前農家では手軽に作れ、腹持ちが良いことから、昭和初期には足袋工場で働く人たちのおやつとして広まったという。布の産地であることから「布来(ふらい)」、フライパンで焼くので…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです