メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

持続可能社会 市民目線で「企業のエシカル通信簿」

「企業のエシカル通信簿」の結果発表会では、各項目ごとに担当者が解説した=東京都港区で2018年3月9日

 持続可能な社会の実現のために企業はどんな努力をしているか--。「市民目線」で企業活動を評価する「企業のエシカル通信簿」プロジェクトが展開中だ。この春、公表された2回目の調査結果では、個々の会社では、原料や資材の調達基準や方針を掲げているものの、それをサプライチェーン(生産、物流を経て商品が消費者に届くまでのつながり)全体に働きかける取り組みはあまり進んでいないことが浮き彫りになった。

 エシカルは「倫理的・道徳的」の意味。「この通信簿は、買い物や就職などの際に企業を選ぶ一つの指標にするのが目的です」と企画した「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク」共同代表のすぎ(木へんに久)本育生さん(64)は説明する。商品の質や性能だけでなく、「企業が社会的に公正な活動をしているかどうかを加味して選択しよう」という呼びかけでもある。

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです