メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視覚障害者柔道の体験イベントで、参加者に技をかける初瀬勇輔=東京都千代田区で2016年4月29日

障害者が普通に働ける社会を作りたい

 パラスポーツの体験会で、ほぼ必ず見かける柔道家がいる。滑らかな口調と、軽快なトークが人を引き寄せる。声の主は、2008年北京パラリンピック日本代表(視覚障害)の初瀬勇輔(37)だ。現役選手を続ける傍ら、多くの団体や企業の役員を務める初瀬の行動力の源には「障害者となり、エントリーシートを送った120社に面接を受けさせてもらえなかった」経験がある。

 長崎県佐世保市で生まれ、小学4年ごろから空手を始めた。進学した中高一貫校では空手部がなく、「道着が…

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1309文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです