メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

事業承継 後継者に悩む企業支援 中小企業庁

日本経済を支えてきた中小企業。金属加工工場の作業風景=大阪府東大阪市で(記事とは関係ありません)

 日本経済の裾野を支えている中小企業が大きな曲がり角に立たされている。喫緊の課題が経営者の事業承継問題だ。中小企業庁によると、現状をこのまま放置すると廃業する中小企業は後を絶たず、2025年までに15年比で約650万人の雇用が失われ、約22兆円のGDPが失われるおそれがあるという。そのような事態は我が国の経済力の衰退に直結するだけに有効な対策が求められている。同庁は切れ目のない事業承継支援を集中した施策に乗り出している。

 中小企業庁によると、今後10年間に平均引退年齢とされる70歳を超える中小企業・小規模事業の経営者は約245万人で、そのうち半数の127万人が後継者未定という。この経営者たちの127万社は日本の企業全体の3分の1に当たるため事態は深刻だ。同庁は「事業承継の解決なくして、地方経済の再生や持続的な発展はない」と説明している。

この記事は有料記事です。

残り3594文字(全文3967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです