メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇部興産

不正、70年代からか 調査報告書「品質保証業務軽視」

 宇部興産は7日、ポリエチレン製品などの検査不正に関する調査報告書を公表した。不正は1970年代から行われていた可能性があり、「製造業務などと比較して品質保証業務が低く位置づけられていた」などと原因を指摘した。新たな不正も確認されて対象は本社を含むグループ6社、24製品に拡大。経営責任を明確にするため、山本謙社長は今月分の役員報酬を全額返上。竹下道夫会長を含む他の取締役や執行役員計5人は報酬を30~60%減らす。

 宇部興産がこれまで公表した不正は、本体の千葉石油化学工場(千葉県市原市)における一部のポリエチレン製品の検査不正と、子会社が規定と異なる産地の石灰石を使い生コンクリートの生産を続けてきた産地偽装だけだった。外部の弁護士らを交えた調査により、別のグループでも検査不正が判明。ナイロンや石炭などで試験をせずに品質データを捏造(ねつぞう)したり、不合格品のデータを改ざんしたりしていた。安全性には問題ない…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです