メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

アメフット不祥事、あり得ない危機対応 日大の失敗に学べ 専門家に聞く、早期収束のツボは

コラージュ=大谷紬

 企業の不祥事はたくさん取材してきたが、謝罪会見で進行役が記者に逆ギレし、会見を打ち切ろうとする場面など見たことがない。日本一のマンモス校、日本大の危機対応はどうなっているのか。危機管理の専門家の目に映ったものを聞いてみた。【宇田川恵】

 「これは大変なことになるぞ」--。5月6日夜、企業の危機管理に携わっている人の多くがそう感じたという。この日、日大と関西学院大のアメリカンフットボール定期戦で、日大選手が悪質なタックルをした。その生々しい映像がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で急速に拡散していたのだ。

 「危機管理は早期収束こそ大切だが、日大は当初、何もしなかった。7日にはSNSで大変な炎上になったと…

この記事は有料記事です。

残り2838文字(全文3149文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです