メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

アメフット不祥事、あり得ない危機対応 日大の失敗に学べ 専門家に聞く、早期収束のツボは

コラージュ=大谷紬

 企業の不祥事はたくさん取材してきたが、謝罪会見で進行役が記者に逆ギレし、会見を打ち切ろうとする場面など見たことがない。日本一のマンモス校、日本大の危機対応はどうなっているのか。危機管理の専門家の目に映ったものを聞いてみた。【宇田川恵】

 「これは大変なことになるぞ」--。5月6日夜、企業の危機管理に携わっている人の多くがそう感じたという。この日、日大と関西学院大のアメリカンフットボール定期戦で、日大選手が悪質なタックルをした。その生々しい映像がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で急速に拡散していたのだ。

 「危機管理は早期収束こそ大切だが、日大は当初、何もしなかった。7日にはSNSで大変な炎上になったというのに」。そう首をかしげるのは、約30年間、企業の不祥事対応を担い、危機管理広報のコンサルティング会社を経営する江良俊郎さんだ。

この記事は有料記事です。

残り2773文字(全文3149文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです