連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

角川歴彦・KADOKAWA会長 独創性あふれる料理目指す 初のレストラン業界に進出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見後、インタビュー応じるKADOKAWA会長の角川歴彦さん=東京都千代田区で2018年5月17日、山口敦雄撮影
記者会見後、インタビュー応じるKADOKAWA会長の角川歴彦さん=東京都千代田区で2018年5月17日、山口敦雄撮影

 出版大手のKADOKAWAは29日、デンマーク・コペンハーゲンの人気レストラン「noma(ノーマ)」のヘッドシェフと提携し、東京都千代田区の自社ビル内に「INUA(イヌア)」を開業する。レストラン業界への進出は同社初、出版社の参入自体も異例だ。同社の角川歴彦会長にレストラン進出について聞いた。

 ノーマは、2003年にコペンハーゲンで創業。全てデンマーク産の食材を使い、その独創性のあるメニューなどから、英『Restaurant』誌の「世界のベストレストラン50」で4度、1位に選ばれている。15年、角川会長がコペンハーゲンのノーマを訪れた際、独自性を重んじる気風に共感を覚えたのが提携のきっかけになった。

 レストラン名「イヌア」は、デンマーク領グリーンランドに暮らすイヌイットの言葉で「生きとし生けるものに内在する精神」の意味。イヌアのシェフのトップにはトーマス・フレベルさんが就く。腕前を紹介する映画が製作されるほど著名なノーマのヘッドシェフ、レネ・レゼピさんの下で現場を指揮してきた人物だ。イヌアでは日本の食材を中心に使用する。「ノーマで食事をした時に14品中、10品くらいは想像できない料理だった。…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1333文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集