メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

日本詩文書作家協会書展 表現の多彩さ模索

 日本詩文書作家協会書展(前期=10日まで、後期=12~17日、東京・セントラルミュージアム銀座)は、「現代の書」の展開について考えさせられるだろう。

 協会創立45周年を記念して、今年創立70周年を迎える日本歌人クラブとのコラボレーションに挑んでいる。55人の歌人が1人10首の歌を提供、中核書人がその中から1首を選んで作品化した。

 中野北溟さん「一本の咲かせる力咲く力根を抱く力根を張る力」(三枝〓之さん)=写真[1]。歌の言葉の奥底まで入り込んで、自らの思いと一体化させた書線を、練達の筆法により繰り出している。力強い線と墨色が響き合い、独特な世界を生み出している。北の大地からすっくと立ち上がるような作品世界の強じんなこと!

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです