メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

日本詩文書作家協会書展 表現の多彩さ模索

 日本詩文書作家協会書展(前期=10日まで、後期=12~17日、東京・セントラルミュージアム銀座)は、「現代の書」の展開について考えさせられるだろう。

 協会創立45周年を記念して、今年創立70周年を迎える日本歌人クラブとのコラボレーションに挑んでいる。55人の歌人が1人10首の歌を提供、中核書人がその中から1首を選んで作品化した。

 中野北溟さん「一本の咲かせる力咲く力根を抱く力根を張る力」(三枝〓之さん)=写真[1]。歌の言葉の…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文847文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです