メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

加藤登紀子/増田恵子=専門編集委員・川崎浩

加藤登紀子 人生の矛盾を紡ぐ

 4月21日、東京のオーチャードホールで、自分の半生と時代を画した名歌を重ねたコンサート「TOKIKO’S HISTORY 花はどこへ行った」を成功させたばかりの加藤登紀子が、30日には東京・丸の内のライブハウス・コットンクラブで「百歌百会 Vol2」を開く。娘Yaeをプロデュースしたり自伝を書いたりと、とにかくエネルギッシュでキラキラ輝く74歳である。コットンクラブでも「コンサートは重めだったから、ラブソングを中心に構成する。ライブは軽やかにいかなきゃね」と、にぎやかな舞台になりそうである。

 「人生は理屈通りにはいかない。心と体は矛盾するものよ。私は、誰にもうそをつきたくないから歌手になっ…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです