メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大観を語る

松井冬子さん(画家) たっぷりした人間性

 今年、東京・新宿瑠璃光院で完成したふすま絵「生々流転(せいせいるてん)」を披露しました。2014年に着手し、この間、アトリエに「大観超え」と書いた紙を張って制作に励んでいました。多くの人に受け入れられるような作品を描く時が来たと覚悟を決めたのですが、日本の画家でメインストリームとは、と考えたとき、すぐ浮かんだ…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです