メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレジン収容所の幼い画家たち展

第二次大戦中の収容所 ユダヤの子らが描いた絵 熊谷で150点、生存者の資料も /埼玉

 第二次大戦中、ナチス・ドイツのユダヤ人収容所にいた子どもたちが描いた絵画150点を集めた「テレジン収容所の幼い画家たち展」が7日から、熊谷市の八木橋百貨店で開かれる。同店での開催は27年ぶりで、企画した川越市のノンフィクション作家、野村路子さん(81)は「過酷な中、一生懸命に生きた子どもたちとそれを支えた大人たちのことを知ってほしい」と話す。12日まで。【大平明日香】

 旧チェコスロバキアにあったテレジン収容所はアウシュビッツ強制収容所に送り込むための中継地で、約1万…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです