メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
創作舞踊劇

「ラーマーヤナ」を題材に 日印、伝統共演 来月、国立劇場小劇場で上演 /東京

 古代インドの壮大な叙事詩「ラーマーヤナ」を題材にした創作舞踊劇が7月、日本舞踊とインドの伝統芸能家のコラボレーションで上演される。6日、制作発表のため記者会見した日本舞踊西川流の西川箕乃助さんは「両国の舞踊には、同じアジアということもあり、共通の動きもある。『ラーマーヤナ』を知らない日本人にも、十分面白い作品になる」と意気込んでいる。

     西川さんら気鋭の日本舞踊家5人が流派を超えてつくる「五耀會(ごようかい)」と、インド伝統舞踊「カタックダンス」の共演。五耀會は文化交流事業の一環として、一昨年と昨年の2回、ニューデリーでインド側と共演。昨年12月の公演では、メンバーの藤間流・藤間蘭黄さんが脚本・演出を担当して「ラーマーヤナ」を上演し、インド人観客の喝采を浴びた。

     今回は、初めてインド側の踊り手と演奏者を日本に招き「印度の魂、日本の心 真夏の宵の競演」と題して「羽衣」など日本舞踊の伝統的な踊りと共に上演する。

     国立劇場小劇場(千代田区隼町)で7月3日午後6時半開演。入場料7000円(全席指定)。問い合わせは主催する公益財団法人日本舞踊振興財団(03・3354・5496)。【西尾英之】

    〔都内版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 地震 大阪府北部で震度6弱
    3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
    4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]