メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バス自動運転

小田急電鉄、中央交通、慶応大が実証実験 湘南藤沢キャンパスで公開 /神奈川

 小田急グループの小田急電鉄(本社・東京都新宿区)、神奈川中央交通(本社・平塚市)と慶応大は6日、藤沢市遠藤の慶大湘南藤沢キャンパス(SFC)で、バスによる自動運転技術の実証実験を報道陣に公開した。将来的にはSFCと最寄り駅の湘南台や辻堂を結ぶバス路線での自動運転を目指すという。【鈴木篤志】

 3者は昨年12月、最先端技術の研究や地域の活性化について連携協力協定を締結し、今月1日からシステムを担うSBドライブ(本社・東京都港区)とともに自動運転の実証実験を開始した。この日は、SFC内に往復約500メートルのルートを設定。実験用の小型バスに関係者や報道陣が乗り込み、運転手がハンドルを握らない状態で走行し、技術的な課題やオペレーション…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです