メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南アルプス

大鹿登山口開山式 「安全を祈る」 /長野

 本格的な夏山シーズンを前に、南アルプス大鹿登山口開山式が6日、大鹿村大河原の村交流センターで行われた。村や観光協会などの関係者約50人が参加し、柳島貞康村長は「今年の登山者、関係者の安全を祈る」と述べて、開山を宣言した。

     南アの夏山シーズンは9月中旬ごろまでで例年約1万人が登山を楽しんでいる。村産業建設課によると南アの三伏峠に通じる登山口は鳥倉、塩川、小渋の三つだが、塩川は崩落のため通行止め、小渋は何度か川を渡るルートで危険とし、鳥倉からの登山を推奨しているという。

     登山者に憩いの場を提供する三伏峠小屋は7月1日にオープンを予定。柳島村長は「安全を優先し、無理のない計画で慎重な登山をお願いしたい」と呼びかけた。【大澤孝二】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    3. 地震 大阪府北部で震度6弱
    4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]