原発再稼働

県内自治体と新安全協定結ばず 関電、原電が表明 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県と市町が原子力施設の課題を協議する、今年度初の県原子力安全対策連絡協議会が6日、大津市の県危機管理センターで開かれた。関西電力と日本原子力発電(原電)は、原発を再稼働する前に自治体の事前了解を認める安全協定を、県内の原発周辺市とは結ぶ考えがないことを明らかにした。

 原電は今年3月、東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働を巡り周辺市に「実質的事前了解」を明文化した安全協定を結んだ。県は敦賀…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

あわせて読みたい

注目の特集