メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西国三十三所巡礼

経唱え930キロ祈りの旅 今年1300年「この道 平安時代の先人も」 宮津・成相寺に到着 /京都

圓教寺から受け継がれた法灯。石坪弘眞住職に手渡された=京都府宮津市の成相寺で、安部拓輝撮影

 観音信仰のルーツとされる西国三十三所巡礼が始まって今年で1300年となるのを記念して、近畿圏の名刹(めいさつ)を歩いて巡って祈りをささげる巡礼の旅が続いている。6日には僧侶と一般参加の参拝者ら約30人が難所とされた宮津市の成相寺に到着した。降りしきる雨の中の行脚。人々はともに観音経を唱えながら道中の無事を感謝した。【安部拓輝】

 平安時代に生まれた西国三十三所の観音巡礼は2府5県で約930キロに及ぶ。観音経には、観音菩薩(ぼさ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです