メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西国三十三所巡礼

経唱え930キロ祈りの旅 今年1300年「この道 平安時代の先人も」 宮津・成相寺に到着 /京都

圓教寺から受け継がれた法灯。石坪弘眞住職に手渡された=京都府宮津市の成相寺で、安部拓輝撮影

 観音信仰のルーツとされる西国三十三所巡礼が始まって今年で1300年となるのを記念して、近畿圏の名刹(めいさつ)を歩いて巡って祈りをささげる巡礼の旅が続いている。6日には僧侶と一般参加の参拝者ら約30人が難所とされた宮津市の成相寺に到着した。降りしきる雨の中の行脚。人々はともに観音経を唱えながら道中の無事を感謝した。【安部拓輝】

 平安時代に生まれた西国三十三所の観音巡礼は2府5県で約930キロに及ぶ。観音経には、観音菩薩(ぼさつ)が33の姿に身を変えて人の悩みや苦しみを救うと説かれている。成相寺は二十八番札所。急坂を上る成相山の中にある。一行はこの日、兵庫県姫路市の圓教寺から3日間をかけて到着した。ズボンの裾はすり切れ、足取りは重い。成相寺の石坪弘眞住職に法灯を手渡した藤本祖暢さんは「難所を無事に越えられた。観音様に感謝…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです