メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手話バッジ

来月から配布 県、円滑な交流に /鳥取

手話でやりとりできることを示す「手話バッジ」=鳥取県庁で、小野まなみ撮影

 手話でやりとりができることを示す「手話バッジ」の配布を県が7月から始める。「全国手話検定3級」程度以上の技能を持つ人に付けてもらい、聴覚障害がある人たちの円滑なコミュニケーションに役立ててもらう。

 県のあいサポートマークに「手話」を意味するサインを添えたデザインで、2000個作成。県聴覚障害者協会…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手 首相にマサルのぬいぐるみ 官邸表敬
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  4. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです