メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

雲南・コウノトリ 悲願の巣立ち近づく 昨年の誤射死乗り越え 1971年の絶滅後、県内初 /島根

ひなに足環が付けられ、高所作業車で巣に戻された=島根県雲南市で、同市教委提供

 雲南市大東町で今春生まれた国の特別天然記念物・コウノトリのひな4羽が順調に育っている。昨年は巣立つ前に母鳥がハンターの誤射で死んだため、研究機関「兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園」にひなが保護され、人工飼育を経て放鳥された。1971年に国内の野生コウノトリが絶滅してから県内初となる悲願の巣立ちが近づいている。【山田英之】

 「昨年の悲しみを乗り越え、ここまでひなが育った。4羽とも巣立つことを住民みんなが願っている」。住民…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです