「中世の刀と安芸高田」展

「稲光」418年ぶり里帰り 毛利氏ゆかりの名刀紹介 民俗博物館 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
毛利氏ゆかりの重要文化財「太刀銘光房」を鑑賞する観客ら=広島県安芸高田市吉田町の市歴史民俗博物館で、岡本幸信撮影
毛利氏ゆかりの重要文化財「太刀銘光房」を鑑賞する観客ら=広島県安芸高田市吉田町の市歴史民俗博物館で、岡本幸信撮影

 戦国大名の毛利氏にまつわる名刀を紹介する企画展「中世の刀と安芸高田」が10日まで、安芸高田市歴史民俗博物館(同市吉田町吉田)で開催されている。

 郡山城を居城とした毛利元就にちなみ、ゆかりの刀剣など17点を展示。毛利隆元(たかもと)の時代に家臣桂元澄が毛利氏の氏神の宮崎八幡宮(同市吉田町相合)に奉納したと伝わる国重文「太刀(たち)銘(めい)…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

あわせて読みたい

注目の特集