メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

家族被害語る 23日、高松で市民の会 /香川

 「ハンセン病問題を考える市民の会」(高松市)は23日、ハンセン病家族の被害などについて考える講演会を市男女共同参画センター(同市松島町1)で開く。

 国が定める22日の「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」に合わせて企画した。ハンセン病国家賠償訴訟弁護団の神谷誠人弁護士(大阪弁護士会)が「…

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  3. 電通が本社勤務の5000人を在宅勤務に 50代社員の新型コロナ感染で 最低2週間

  4. イタリア感染拡大で「空気」一変、世界同時株安に 過去の経済危機と違う「感染症独特の難しさ」

  5. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです