メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハッチョウトンボ

“赤い妖精”見に来て 都城で観察会 /宮崎

 県指定の絶滅危惧種で希少なハッチョウトンボの観察会が、都城市関之尾町の保護地で開かれている。体長2センチ前後の国内最小種。雄は全身が真っ赤で「赤い妖精」とも呼ばれ、草の葉の上に止まって羽を休める可愛らしい姿が楽しめる。入場無料。9日まで。

 生息地は同町の県道31号近くで、フェンスに囲まれた湿地帯。県内では高鍋町の高鍋湿原など数カ所…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです