メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

書店での出会い=小野正嗣

 自作の英訳が刊行された機会に、アメリカの版元に招かれ、シアトル、ダラス、ヒューストン、ポートランドにある独立系の書店を訪れた。

 それぞれの書店が本を売るだけでなく、著者を招いたり読書会を開催したりするなどして、本との関わりを通して、地域の人々をつなぐ役割を果たしている姿が好ましかった。おいしいコーヒーや紅茶を飲もうとカフェに来る人もいれば、時間つぶしでふらっと立ち寄る人もいるように、書店にもさまざまな接し方がある。とくに読書が好きでない人にも扉はつねに開かれている。

 各種のイベントにお客さんの積極的な参加を促す自由な雰囲気を、書店員たちが築いているからか、客もよく…

この記事は有料記事です。

残り1992文字(全文2278文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです