メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育無償化

富裕層厚く 非課税世帯、258億円 年収800万円以上、1472億円 野党議員試算

 政府の幼児教育・保育の無償化策について、国民民主党の山井和則衆院議員が6日の衆院厚生労働委員会で、年収階層別の配分額に関する独自試算を公表した。それによると、年収800万円以上の世帯への給付総額は住民税非課税世帯の約6倍に上った。保育無償化の予算が中高所得者層に手厚く配分される見通しを数字で示した。【阿部亮介】

 政府は無償化の費用を約8000億円と見込んでいる。山井氏は、年収階層別の保育料負担や利用者数などの政府資料を基に、年収階層ごとの配分額を試算した。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです