メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
激動の半島情勢

直前の駆け引き/上(その2止) 折衷案は「核施設凍結」 米が「成果」に見返り

米朝首脳会談の会場となる高級ホテル「カペラ・シンガポール」=同ホテル提供・ロイター

 

 5月15日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部。北朝鮮の韓大成(ハンデソン)駐ジュネーブ国際機関代表部大使の発言に会場がざわついた。

 「北朝鮮は核実験全面禁止のため、国際的な軍縮の試みに加わる用意がある」

 核実験全面禁止条約(CTBT)。米国や中国など核保有国すら批准していないこの条約を、北朝鮮が批准する可能性を示唆したのだ。北朝鮮の非核化の意思を表すもの、と欧米メディアは驚きをもって報じた。ただ、核不拡散専門家は慎重だ。「北朝鮮は『軍縮』という言葉を使っている。つまり『減らす』と言っているわけで、核放棄とは言っていない」

 北朝鮮はこれまで繰り返し、「朝鮮半島の非核化を目指す」と宣言している。だが文脈によっては、米英仏中…

この記事は有料記事です。

残り1930文字(全文2246文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです