衆院憲法審

国民投票法改正案、審議入り先送り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 衆院憲法審査会は6日の幹事懇談会で、憲法改正手続きを定める国民投票法改正案について、7日の審議入りを見送ることで合意した。7日に改めて幹事懇を開き、審議日程を再協議する。

 自民、公明両党は、改正案を6日に国会に提出し、7日の憲法審で趣旨説明を行った後、14日に採決する日程を提示していた。野党筆頭幹…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文260文字)

あわせて読みたい

注目の特集