特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

メディア時評

安倍政権5年半で何があったのか=白井聡・京都精華大専任講師

 各紙紙面は、連日「モリカケ、モリカケ、モリカケ……」である。正直なところ食傷気味だが、新聞社が悪いわけではない。森友学園問題が表面化してから、すでに1年以上が経過した。「私や妻が関係していたら、首相も議員も辞める」と安倍晋三首相が大見えを切ってから起こったことのリストは長大なものとなる。

 高級官僚による虚偽答弁の連発、経過を国会答弁に適合させるための公文書の改ざんと隠蔽(いんぺい)、虚偽答弁を貫き通した佐川宣寿前国税庁長官の昇格と失墜、籠池泰典前理事長夫妻に対する異常な長期勾留、憲法違反との指摘が相次いだ臨時国会開会の遷延と冒頭解散。会計検査院への対応を巡る財務省と国土交通省の口裏合わせの疑惑も最近加わった。

 財務省が5月23日に国会に提出した森友学園との交渉記録文書では、昭恵氏付職員だった谷査恵子氏が、同省理財局に問い合わせた際の記録もあった。これに対し、安倍首相は「私や妻が関係していたら辞める」とした自らの答弁について、「贈収賄は全くない、という文脈で一切関わっていないと申し上げた」とする「新解釈」を披露した。ここまで書いていて、吐き気を催してくる。日本はここまで堕(お)ちたのかと実感する。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文852文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集