メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア

コンテ新内閣、EU難民政策に注文 親露姿勢も鮮明

上院で所信表明演説をするイタリアのジュセッペ・コンテ首相=ローマで5日、AP

 【ブリュッセル八田浩輔、パリ賀有勇】イタリアのコンテ新内閣は6日、下院の信任投票での可決を経て正式発足する。欧州連合(EU)の統合深化に懐疑的な連立政権を率いるコンテ首相は、前日に上院で行った所信表明演説で「欧州は我々の居場所だ」と述べて加盟国の不安払拭(ふっしょく)に努める一方、難民受け入れルールへの注文や対ロシアの経済制裁の緩和などに言及し、EUに揺さぶりをかけた。

 コンテ内閣は5日に上院で信任を得ている。連立政権を構成するのはポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです