メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック ハワイ島噴火、特徴は?

イラスト・藤井龍二

 <くらしナビ おとなへステップ>

 ハワイのキラウエア火山で激しい噴(ふん)火(か)が続き、住宅が燃えるなど被(ひ)害(がい)が出ています。この火山は日本の火山と違って溶(よう)岩(がん)がサラサラで、穏(おだ)やかに噴火することが多いため近くまで行くことが可能ですが、今回はそうもいきません。

溶岩がサラサラで穏やかな爆発 断続的に続いています

 5月3日、アメリカ・ハワイ島のキラウエア火山のふもとの住宅地で噴火が始まりました。地面の割れ目から真(ま)っ赤(か)な溶岩が流れ出て、住宅がのみ込(こ)まれて燃えてしまったり、けが人が出たりするなどの被害が出ています。

 ハワイはいくつもの島から成り立っています。日本人観光客がよく行くのはオアフ島。噴火しているキラウエア火山はハワイ島にあります。キラウエアとは、地元の言葉で「噴(ふ)き出(だ)す」という意味。昔から溶岩が流れ出ていたことがわかります。

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. ENEOSが先制 一回から4連続安打 ホンダと対戦 都市対抗

  4. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  5. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです