メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

2017年「表現の自由」巡る最高裁決定 「忘れられる権利」問う

 <くらしナビ おとなへステップ>

 インターネットで今や誰(だれ)もが利用する検(けん)索(さく)サイトを巡(めぐ)り、最高裁は昨年1月、憲法21条が保障する「表現の自由」などに関(かか)わる重要な判断を示しました。公にしたくない情報が検索結果に表示されている場合に、削(さく)除(じょ)が認められるかどうかが争われた裁判の上告審(しん)決定です。

 訴(うった)えたのは、2011年に児童買春禁止法違(い)反(はん)容疑で逮(たい)捕(ほ)され、罰(ばっ)金(きん)刑(けい)を受けた男性でした。刑(けい)確定後も、男性の名前などで検索すると逮捕された事実などが表示されるとしてグーグル社を相手に検索結果の削除を求める仮処分をさいたま地裁に申し立てました。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  4. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  5. 新型コロナ GoToで免許合宿、賛否 観光庁アクセル「問題ない」/識者「公平性考えるべきだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです