メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サッカー

日本、つなぐ意識顕著に ボール支配率アップ/前方パス減少 西野監督ガーナ戦、ハリル体制と比較

 サッカー・ワールドカップ(W杯)直前の監督交代に踏み切った日本代表は、先月30日の壮行試合ガーナ戦に0-2で敗れた。西野朗監督体制の初陣となった試合。ハリルホジッチ前監督との考え方の違いは、数字の上でも表れている。【大島祥平】

 ハリルホジッチ前監督は「縦」への動きや「デュエル(球際の戦い)」を強調した。一方、「日本らしさ」を掲げる西野監督は「縦への攻撃も必要だが、フィジカル(身体能力の)要素で戦えないところもある。別の角度から対応していく」とボールを保持してパスをつなぐ戦い方を志向している。

 そこで、西野体制でのガーナ戦と、ハリルホジッチ監督時代のW杯アジア最終予選10試合の平均値を、デー…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文992文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. 「ナガシマスパーランド」ジャンボ海水プールに4万5000人 三重・桑名

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. ORICON NEWS 『サザエさん』マスオ役41年・増岡弘が卒業で感謝と惜しむ声続々「増岡マスオロスだ…」

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです