メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ精神医学精神療法神経学会が入居するビル=ベルリンで、ザンドラ・ベルケ撮影

 「ずっと重荷を背負っている感覚だった。優生学には絶対戻らないとの共通認識があったが、恩師や先輩の過去は問えなかった」。日本健康学会の理事(67)がため息をつく。

 ナチス・ドイツの断種法に倣い、日本で初めて「優生」を冠した国民優生法(1940~48年)。優生保護法(48~96年)の源流となった法律の制定を進めたのが前身の日本民族衛生学会だった。およそ80年の時がすぎた今、学会は自らの歩みを検証し、見解をまとめようとしている。

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1232文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  2. 国際秩序の維持 トランプ氏には任せられない
  3. 小田原市職員 「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 神奈川 夏の茅ケ崎、みこし海を舞う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]