メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

/4 不作為の歴史省みず

ドイツ精神医学精神療法神経学会が入居するビル=ベルリンで、ザンドラ・ベルケ撮影

 「ずっと重荷を背負っている感覚だった。優生学には絶対戻らないとの共通認識があったが、恩師や先輩の過去は問えなかった」。日本健康学会の理事(67)がため息をつく。

 ナチス・ドイツの断種法に倣い、日本で初めて「優生」を冠した国民優生法(1940~48年)。優生保護法(48~96年)の源流となった法律の制定を進めたのが前身の日本民族衛生学会だった。およそ80年の時がすぎた今、学会は自らの歩みを検証し、見解をまとめようとしている。

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1232文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです