メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

/4 不作為の歴史省みず

ドイツ精神医学精神療法神経学会が入居するビル=ベルリンで、ザンドラ・ベルケ撮影

 「ずっと重荷を背負っている感覚だった。優生学には絶対戻らないとの共通認識があったが、恩師や先輩の過去は問えなかった」。日本健康学会の理事(67)がため息をつく。

 ナチス・ドイツの断種法に倣い、日本で初めて「優生」を冠した国民優生法(1940~48年)。優生保護法(48~96年)の源流となった法律の制定を進めたのが前身の日本民族衛生学会だった。およそ80年の時がすぎた今、学会は自らの歩みを検証し、見解をまとめようとしている。

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1232文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです