メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制手術の原告、早期救済を訴え

弁護団が主催した集会で参加者と話をする小島喜久夫さん=参院議員会館で6日、梅村直承撮影

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、国に賠償を求めて提訴した男女3人が6日、東京・永田町の参院議員会館で催された集会に参加し、早期の救済を訴えた。

 この問題では、今年1月以降、60~70代の男女4人が東京、仙台、札幌の3地裁に提訴した。この日の集会では5月に一斉提訴した3人が顔をそろえた。

 東京地裁に提訴した男性(75)は「(裁判で)当時の医師らが…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワニ肉を使った給食登場 「つくねみたいな味」 大きな口開け、児童ペロリ 大阪

  2. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 「受け入れたいのに受け入れられない」 民間病院、コロナ患者対応に苦悩

  5. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです