メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 首相夫人の影響、籠池被告が強調

取材に応じる籠池泰典被告=大阪市内で6日、猪飼健史撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡る問題に絡み、学園の前理事長、籠池泰典被告(65)=詐欺罪などで起訴=が6日、大阪市内で報道各社の取材に応じた。籠池被告は、取引に安倍晋三首相の妻昭恵氏が大きく影響し、文書改ざんにも忖度(そんたく)があったと改めて強調。学園と財務省の交渉記録がまだ全て公表されていないとも訴えた。

 決裁文書からは昭恵氏や政治家の名前などが削除されたが、財務省が4日に公表した調査報告書では、詳しい…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文442文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  5. 国家戦略特区 政府ワーキンググループ委員関連会社 提案者から指導料200万円、会食も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです