アメリカンフットボール

内田前監督、日大関連会社役員辞任 悪質タックル触れず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本大が100%出資する関連会社「日本大学事業部」は6日、アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)が取締役を辞任したと発表した。

 5月30日付で理由は「一身上の都合」。アメフット部の悪質タックルとの関連は触れていない。

 ホームページによると、同社は2010年1月設立で、資本金は5000万円。主な事業は保険代理店業…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

注目の特集