メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミスコンテスト

「ミス・アメリカ」水着審査を廃止

2017年に開催された「ミス・アメリカ」の水着審査=米東部ニュージャージー州で2017年9月10日、ロイター

 【ロサンゼルス長野宏美】バイバイ、ビキニ--。米国で現存する最古のミスコンテスト「ミス・アメリカ」の運営団体は5日、今年9月の大会から水着審査を廃止すると発表した。反セクハラを訴える「MeToo」運動が広がる中、出場者を外見で判断しない方針を示した。

 水着審査に代わり、才能や将来の目標に焦点を当て、審査員の質疑に答える。団体はツイッターで「#バイバイ、ビキニ」のハッシュタグ(検索目印)と共に「新しい時代に入る」と投稿。他のミスコンへの影響も注目される。

 元ミス・アメリカ(1989年)のグレッチェン・カールソン理事長はABCテレビで「もはや美人コンテス…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文591文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです