メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実証実験

バス自動運転 小田急などSFCで公開

自動運転の実験車両=神奈川県藤沢市で6日、鈴木篤志撮影
バスの運転席周辺に搭載されたモニターなどの機器=神奈川県藤沢市で6日、鈴木篤志撮影

 小田急グループの小田急電鉄(本社・東京都新宿区)、神奈川中央交通(本社・神奈川県平塚市)と慶応大は6日、藤沢市遠藤の慶大湘南藤沢キャンパス(SFC)で、バスによる自動運転技術の実証実験を報道陣に公開した。将来的にはSFCと最寄り駅の湘南台や辻堂を結ぶバス路線での自動運転を目指すという。【鈴木篤志】

     3者は昨年12月、最先端技術の研究や地域の活性化について連携協力協定を締結し、今月1日からシステムを担うSBドライブ(本社・東京都港区)とともに自動運転の実証実験を開始した。この日は、SFC内に往復約500メートルのルートを設定。実験用の小型バスに関係者や報道陣が乗り込み、運転手がハンドルを握らない状態で走行し、技術的な課題やオペレーションについて検証した。

     バスにはGPS(全地球測位システム)や40メートル先の障害物を認識できるカメラ、レーダーを搭載。無人運転を想定して車内外の映像を遠隔操作でモニタリングできる機能も装備した。今後は乗客の安全性など車内の対応を検証していくが、神奈川中央交通事業推進グループの大塚英二郎課長は「バス事業者としては100がゴールなら今は10か20。走行技術だけでなく乗客のサポートが課題になる」と述べた。

     小田急電鉄では県、江ノ島電鉄(本社・藤沢市)とも連携し、9月のセーリング・ワールドカップ開催に合わせ、江の島で自動運転バスの実証実験を行う予定。セーリング競技が行われる2020年東京五輪を見据えており、小田急電鉄経営戦略部の西村潤也課長代理は「片瀬江ノ島駅と江の島ヨットハーバーの間で走らせ、東京五輪に向けて実験を進めていく」と話した。

     今回の実証実験について、10日午前11時からSFCのシータ館でフォーラム「自動運転技術が変える新たなモビリティとは~自動運転バスがキャンパスを走る~」を開催。有識者の講演のほか実験車両の試乗会も行われる。入場無料。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長聴取へ 23日午後帰国
    3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    5. トランプ米大統領 安倍首相に暴言 G7で移民政策議論中

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]