メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正道路交通法

「認知症恐れ」のドライバーは5.7万人

昨年3月に強化された認知機能検査の結果(今年3月まで)

 75歳以上のドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法が昨年3月に施行されてから今年3月末までの1年間に210万5477人が検査を受け、5万7099人が「認知症の恐れがある」と判定されたことが警察庁のまとめで7日、明らかになった。最終的に免許取り消し・停止処分を受けたのは1892人で、同法施行前の約3倍に上った。【内橋寿明】

 検査は75歳以上が対象で、主に免許更新時に行われ、記憶力や判断力をチェックする。「認知症の恐れ」(第1分類)▽「認知機能低下の恐れ」(第2分類)▽「問題なし」(第3分類)のいずれかに判定される。従来は第1分類に判定された人のうち、一定の違反があった人だけに医師の診察を受けるよう求めていた。改正後は第1分類の全員が診察の対象になったほか、免許更新時期でなくても信号無視など特定の違反をした人には臨時…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです