メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電力小売り自由化

新電力、九州で増す存在感 競争が激化

 2016年4月に電力小売りが全面自由化され、2年あまりが経過した。人口規模の大きい首都圏や関西だけでなく、九州も家庭向け電力で新規参入が相次ぎ、新電力の存在感が増してきた。九州電力から新電力に契約を切り替える家庭は増加傾向が続き、先行して自由化されたビル・工場向けの高圧電力も新電力のシェアが2割超まで拡大。九州電力による“地域独占”は薄れ、競争が激化している。

 「(顧客の流出が)直線的に伸びている」。九電の瓜生(うりう)道明社長は今年3月末、契約を切り替える家庭が増え続けていることに危機感をあらわにした。九電は従来の電気料金より割安な新料金プランを用意しているが、瓜生社長は「まだ認知度が低い」と語り、顧客へのアピールを強めていく考えだ。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです