メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四天王寺大学

空海の直筆書拓本見つかる

弘法大師・空海の直筆書の拓本(冒頭部分)=四天王寺大「恩頼堂文庫」提供

 真言宗の開祖で「日本三筆」の一人として知られる弘法大師・空海(774~835年)の直筆書を基にした拓本が四天王寺大学(大阪府羽曳野市)で見つかったと、高野山大学密教文化研究所(和歌山県高野町)の大柴清圓(しょうえん)研究員=中国古文字学=が6日、発表した。書の内容は古くから知られていたが、特定されていなかった書の日付が今回の拓本で判明した。

     見つかった書は、同じく書に秀でた嵯峨天皇(786~842年)から綿と七言詩を贈られたことに対する返書。末尾に「弘仁五(814)年三月一日」の日付がある。

     大柴研究員が、古文書を集めた四天王寺大の「恩頼堂文庫」に空海の書として所蔵されているのを確認した。長さ239.9センチ、幅27.8センチの巻物で、江戸時代中期に拓本として制作されたとみられる。全文は空海の著作を弟子がまとめた「性霊(しょうりょう)集」に収められている。

     この日、和歌山県橋本市内で記者会見した大柴研究員によると、文面の同一文字を楷書、行書、草書に使い分け、諸仏を表す言葉の前に1字分を空けて尊敬の意味を込めるなど、書体や書式の特徴から、空海の書と判断した。また、「弘法も筆の誤り」を連想させる脱字も見られ、「空海が下書きなしで返信した証拠」と説明している。

     現存する空海の直筆書としては「聾瞽指帰(ろうこしいき)」(和歌山・高野山金剛峯寺所蔵)や「風信帖(ふうしんじょう)」(京都・東寺所蔵)などが知られている。【松野和生】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    3. 地震 大阪府北部で震度6弱
    4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]