メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
生活保護

最多164万世帯 17年度、困窮高齢者増え

 厚生労働省は6日、3月の生活保護に関する調査結果を公表した。これを受け、毎日新聞が2017年度分を集計したところ、受給世帯(月平均)は過去最多の164万811世帯に上った。過半数を占める「高齢者世帯」(同)も86万4709世帯と過去最多を更新。高齢化を背景に生活保護を頼りに暮らす困窮高齢者が増え続けている。

     受給世帯数は25年連続増で、16年度(163万7045世帯)より0.2%増えた。世帯の種類別では高齢者世帯の他、傷病者世帯22万4663▽障害者世帯19万4838▽母子世帯9万2471▽その他世帯25万5835。

     一方、受給者数(月平均)は前年度比1%減の212万4599人。ピークだった14年度の216万5895人から3年連続で減少した。

     医療や介護を必要とする高齢者の貧困が拡大するに連れて生活保護費は増大し、国と地方の負担額は約3兆8400億円(17年度)に上る。厚労省は18年10月から3年かけて生活費相当分を段階的に削減し、国費で年160億円分(約1.8%)を減らす予定。【原田啓之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 地震 大阪府北部で震度6弱
    3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
    4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]