医療機関

被ばく線量の記録義務化 厚労省方針

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は6日、コンピューター断層撮影(CT)など放射線診療に関し、患者の被ばく線量の記録と患者への説明を医療機関に義務づける方針を決めた。日本は被ばく線量が世界的にも高く、過剰な被ばくを防ぐ狙いだ。同省は医療法施行規則を改正。医療機関の準備期間を数年設けた上で施行する。

 放射線被ばくを繰り返すと、不妊や白内障、がんのリス…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

注目の特集