メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化

夏の睡眠4割支障 東大准教授「社会的損失」

眠れない

 夏に4割の人が睡眠に支障をきたしているとする研究結果を、井原智彦・東京大准教授(環境社会システム学)らの研究チームがまとめた。地球温暖化やヒートアイランド現象で、夜になっても気温が高い日が増えているのが理由。睡眠の質が悪化すれば健康を害するだけでなく、仕事の能率低下など社会的にも損失となり、研究チームは適切なエアコンの使用を呼び掛けている。

 夏に寝苦しさを感じる人は多いが、気温と睡眠の関係はよく分かっていなかった。研究チームは睡眠の質を数値化するため国際的に使われる質問票を改変。「睡眠の途中で目が覚めたか」や「車の運転や食事中、その他の社会活動中に眠くて起きていられなかったか」などの質問への回答を点数化し、一定値以上を睡眠困難と定義。2011年8月と12年7~8月、名古屋市の20歳以上の男女計1284人にアンケートを実施した。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです