メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人気ノベル

アニメ化中止 原作者の差別的発言を問題視

 若者に人気のライトノベルを原作に10月から放送予定だったアニメ「二度目の人生を異世界で」の製作委員会は6日、制作と放送を中止すると発表した。原作者が過去にツイッターで中国や韓国に対する差別的発言を繰り返していたことなどがネット上で問題視され、本人が謝罪していた。

 原作者のまいんさんは5日、ツイッターで過去の自身の発言について「多くの方に非常に不快な思いをさせてしまう、不適…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです