メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

内田前監督、日大関連会社の役員辞任

日大アメリカンフットボール部の内田正人前監督=東京都千代田区で、佐々木順一撮影

 日本大が100%出資する関連会社「日本大学事業部」は6日、アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)が取締役を辞任したと発表した。5月30日付で理由は「一身上の都合」。アメフット部の悪質タックルとの関連は触れていない。

 ホームページによると、同社は2010年1月設立で、資本金は5000万円。主な事業は保険代理店業務、不動産関連、学生生活支援などで収益は日大に寄付・還元する。

 日大関係者によると、各学部の研究費などはすべて同社を通じて見積もるほか、日大オリジナルグッズの販売、各学部や付属校への物品納入なども取り扱い、日大本部に権限と資金が集まる仕組みとなっている。内田前監督は設立当初から関わり、同社から年額約100万円の報酬を受けていたという。

 内田前監督は5月30日付で日大の常務理事を辞任。日大は保健体育審議会事務局長など他の職務も執行停止とし、最大6カ月の自宅待機を命じている。【村上正】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 遭難父子 遺体発見 沢で寄り添うように 新潟の山中
  2. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 選挙 立川市議選 新議員28人決まる /東京
  5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]