メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!W杯

審判を助ける新制度「VAR」って何?

映像で確認する審判=ロイター

 Q:今大会から「VAR」という仕組みが使われると聞いたよ。

主審の判定を映像で手助け

 A:試合結果を左右する重大な誤審を防ぐため、判定にビデオ映像を用いて審判を補助するルールがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)です。VARの対象は、得点▽PK▽レッドカード▽警告などの選手の間違い--の4項目。主審が映像確認が必要と判断した場合、視聴覚室で作業する担当チームがスローモーション映像などを見て助言し、最終的に主審が判定を下します。

 VARは、ドイツ1部(ブンデスリーガ)、イタリア1部(セリエA)両リーグなどで試験導入されています…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文793文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです