メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外改憲勢力3分の2割り込む
まいスタイル@ストリート

(100)世相を映す「色」

今年の春夏の流行色、グリーンのスカートをはいた女性=日本ファッション協会提供

 その年にどんなテイストのファッションが流行するかというのは、政治的背景と関連している。中でも「色」はシーズンによって最も移り変わりが激しく、かつ政情と経済を映し出す鏡だと言える。

 今年は気候変動や不安定な世界情勢、ハイスピードで進むデジタル化など、予測不可能な年になると予想されている。そんな中、非日常的なイベントやインスタグラムへの奇をてらった投稿など、気分が高揚するような要素が増えている。この傾向を受け、今年の春夏は主張の強い、明るく濃い色が共存するシーズンになる。イエロー、グリーン、ブルーなどが目立ち、高明度・高彩度の色から蛍光色まで、色主役のオシャレが楽しめそうだ。色をたくさん加えた柄物も存在感を出しており、インパクトのある刺激的なアイテムも数多い。

 色は、そのシーズンのトレンドを決める最初の要素。2018年春夏のトレンドカラーは2年前の16年7月…

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1969文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです