メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年の春夏の流行色、グリーンのスカートをはいた女性=日本ファッション協会提供

 その年にどんなテイストのファッションが流行するかというのは、政治的背景と関連している。中でも「色」はシーズンによって最も移り変わりが激しく、かつ政情と経済を映し出す鏡だと言える。

 今年は気候変動や不安定な世界情勢、ハイスピードで進むデジタル化など、予測不可能な年になると予想されている。そんな中、非日常的なイベントやインスタグラムへの奇をてらった投稿など、気分が高揚するような要素が増えている。この傾向を受け、今年の春夏は主張の強い、明るく濃い色が共存するシーズンになる。イエロー、グリーン、ブルーなどが目立ち、高明度・高彩度の色から蛍光色まで、色主役のオシャレが楽しめそうだ。色をたくさん加えた柄物も存在感を出しており、インパクトのある刺激的なアイテムも数多い。

 色は、そのシーズンのトレンドを決める最初の要素。2018年春夏のトレンドカラーは2年前の16年7月…

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1969文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
  3. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  4. 富田林署逃走 赤い自転車に容疑者と似た男 防犯カメラに
  5. 鹿児島・口永良部島 噴火警戒レベル4に引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです