メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

歌舞伎町でがっつりと旨い肉ならここ!肉料理が美味しいおすすめ5店

情報提供:まとメシ

歌舞伎町は“うま肉”店へ!欲望のエリアはこれで決まり!アジア一の歓楽街・歌舞伎町。人々の欲望を満たさんと実に様々な店がひしめいている。そんな街で食べるべきはやはり、肉しかない。がっつりと旨い肉を食べて今夜の、明日への活力を得るべきなのである。新店から老舗まで、肉料理の美味しい店を揃えつつ、肉体の癒しの場も紹介する。

ホルモン好きにおすすめ!『芝大門 夏冬 新宿店』

出典:https://matomeshi.jp/articles/1479

▲肉小盛り 1404円 ホルモンはカシラ、シロ、レバー、ハラミ、ナンコツ、タン、コブクロ、ハツ、ガツ(それぞれ486円)と各種あるが、人気は、全ての部位が盛り合わせになった皿。「小盛り」は300g、「中盛り」2376円は500g、『大盛り』3240円は、強烈にも700g‼

『芝大門 夏冬』はとにかく毎朝市場から届くそのホルモンの新鮮さには目を見張らされるお店。寿司店のネタケースに入れられ、客の目の前に陳列してあるのも、その新鮮さへの自負とプライドだろう。なにしろコブクロなんて、キラッキラッと純白に輝いて、もう真珠みたいですらある。そんなホルモンが「小盛り」といえど山盛り300グラム、なんのタレもまぶされてない、ようするになんの誤魔化しもきかない状態でテーブルへと運ばれてくる。あとは七輪で好きなように焼き、醤油味、塩味ふたつのタレやテーブルの各種調味料を駆使して、ただただ食らうべし。 ホルモンマニアなら、思わずヨダレがダダ洩れの一軒なのである!

出典:https://matomeshi.jp/articles/1479

[住所]東京都新宿区歌舞伎町2-21-6 [TEL]03-6228-0050 [営業時間]17時~翌5時(翌4時半LO)、祝日~23時半(23時LO) [休日]日曜 [席]カウンター8席 テーブル4席×1 8席(入れ込み)×1 計20席/喫煙可/予約可/カード不可/サ、お通しなし [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩7分

「芝大門 夏冬 新宿店」の詳細はこちら

旨いジビエならここ!『炉とマタギ 新宿店』

出典:https://matomeshi.jp/articles/1480

▲三獣奏 (写真は兔、鴨、鹿) 2030円

『炉とマタギ』では日本でも定着してきたジビエを、マタギのスタイルで食べさせてくれる店。炉端でじっくりと焼かれた猪、鹿、鴨、兎たちは、噛みしめるほどにその肉の繊維の間から自然の滋養がほとばしり、食べるそばからナチュラルなパワーが体をみなぎってくるのがわかる。

出典:https://matomeshi.jp/articles/1480

[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-6-3 石塚ビル6階 [TEL]03-6233-9396 [営業時間]17時~23時半(22時半LO、金・土・祝前~翌5時) [休日]無休 [席]カウンター6席、4席×6卓、6席×1卓(以上、半個室)、8席×1卓、座敷16席、 計60席/全席喫煙可/カード可/サなし、お通し378円 [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩5分

「炉とマタギ 新宿店」の詳細はこちら

厳選された生ラム肉を堪能!『羊肉の名門 せきね家』

出典:https://matomeshi.jp/articles/1481

▲ジンギスカン(野菜付き) 1280円 店のすすめる食べ方は、鍋全面に敷いた野菜にある程度の熱を通したトコロで、鍋上面を開け、そこに肉を拡げ、両面を色が付く程度に焼いて“食うべし”

『せきね家』は歌舞伎町にひっそりと佇む路地「思い出の抜け道」の入口で、小さな店舗(失礼!)ながらも、そのインパクトある店の佇まいと、なにより漂ってくる生ラムの香りで、道行く人を立ち止まらせるジンギスカン専門店。スリットの入ったジンギスカン鍋の上で、厳選された生ラム肉がジュウジュウ音を立て、こぼれ落ちる脂が野菜と渾然一体となった時が食べどき。

出典:https://matomeshi.jp/articles/1481

[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-3-8 [TEL]080-4469-2929(15時~23時) [営業時間]18時~翌5時休 [休日]休席 カウンター11席/全席喫煙可/カード不可/サなし、お通し500円 [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩6分

「羊肉の名門 せきね家」の詳細はこちら

歌舞伎町で本格イタリアン!『2nd cafe』

出典:https://matomeshi.jp/articles/1482

▲アンガス牛のステーキ クレソンサラダ添え 1944円 丁寧に焼かれたステーキはジューシーで、頰張るたびに肉の旨さとはこういうことだと改めて実感できる。この店の看板メニューのひとつ

『2nd cafe』は午後5時から翌朝5時までという、歌舞伎町らしい営業時間でありながら、そのインテリアは、歌舞伎町の夜のムードとは対局にある清潔さと爽やかさ。料理は本格的イタリアン。そして、店名通りのカフェとしての利用もでき、そしてワインから世界各国のビールまで取り揃え、さらには自由に使えるiPad、各テーブルにはUSB電源も完備。「みんなのセカンドプレースにしたい」という店名の由来通り、利用法が広がる、歌舞伎町のいい意味で異端の一軒。

出典:https://matomeshi.jp/articles/1482

[住所]東京都新宿区歌舞伎町2-22-13 ADビル1階 [TEL]03-6233-8066 [営業時間]17時~翌5時(4時LO) [休日]無休 [席]カウンタ-4席、テーブル4席×2、2席×4 計20席 /全席喫煙/予約可/カード可/サお通しなし [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩7分

「2nd cafe」の詳細はこちら

毎日通いたくなる旨さ!『新宿 つむぎ』

出典:https://matomeshi.jp/articles/1483

▲おまかせ五種盛り合わせ(5本) 864円 焼酎 600円~ 部位によって中がしっとりレアに仕上がるよう、絶妙に火を入れる。この日は(左から)もも、ささみ、ねぎま、ぼんじり、豚タン

歌舞伎町奥にある小さな店ながら毎日通ってくる客もいて、連日にぎわうのがこちら『つむぎ』。その理由は、焼き鳥は塩味が基本、一品料理も変に飾らない。「みんなが好きな食材だからこそ、その旨さを大切にしたい」(山本さん)と鶏の持ち味を生かすことだけを考えるという実直な仕事ぶりにある。また場所柄いろんなお客が来るが、彼らを心地よく迎え入れるスタッフのアットホームな雰囲気も大きい。酔客に混じり、絶妙の焼き鳥に舌鼓を打ちたいものだ。

出典:https://matomeshi.jp/articles/1483

[住所]東京都新宿区歌舞伎町2-23-10 第一本間ビル1階 [TEL]03-3202-6339 [営業時間]18時半~翌3時 [休日]不定休 [席]カウンター7席、テーブル4席×2卓、計15席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩10分

「新宿 つむぎ」の詳細はこちら

関連記事

ザ・穴場!!西新宿の居酒屋行くなら、この4軒!
行列続々!新宿駅の本当に美味しい!わざわざ行きたいおすすめモーニング4店
名物の「富士山盛り」”天高くウニ肥ゆる”ネタの大きさに驚愕|沼津港 新宿本店(寿司/新宿)
新宿で本格江戸前寿司を気軽にいただける|築地すし好 新宿店(寿司/新宿)
新宿駅の本当に美味しい!ランチにわざわざ行きたいおすすめ5店


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  2. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  3. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  4. プロ野球 広島がマジック点灯「32」
  5. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです